宮沢賢治

『雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ』と続く、宮沢賢治の雨にも負けずは、聞いたことがあると思います。日本の詩人で、童話集の注文の多い料理店は学校教科書で学びうろ覚えながらも、なんとなく覚えているのではないでしょうか。宮沢賢治は亡くなってから作品が広く知らるようになったので、生前は無名に近い存在でした。宮沢賢治の作品には、郷土の岩手に基づいた作品が多く作品の中にある架空の理想郷として岩手を『イーハートブ』と名付けています。

宮沢賢治

宮沢賢治が誕生したのは、1896年(明治29年)8月27日、岩手県稗貫郡里川口村(現在の花巻市)ですが、その約2か月前1896年6月15日に発生した三陸地震津波による震災で、岩手県内に多くの爪痕を残した中での生まれました。

そして宮沢賢治が誕生して5日目の8月31日には、秋田県東部を震源とした陸羽地震が発生しました。この地震は秋田県と岩手県西和賀郡・稗貫郡地域に大きな被害をもたらしました。賢治の母イチは、まだ生まれて間もない賢治を入れているえじこ(乳幼児を入れ守る籠)を両手でかかえ、えじこをイチの身体でおおって念仏を唱えていたといいます。質店の長男として生まれた賢治は、家業が質店ということもあって、冷害などがこの地を襲うたびに農民が生活に困窮して、困窮するたびに質店を訪れ家財道具などを売って当座の生活費に充てる姿にたびたび接することになりました。この幼年から少年時代への体験が、のちの賢治の人格形成に大きな影響をもたらしたといわれています。

賢治誕生~少年時代

1896年(明治29年)8月27日に、質・古着商を営む宮澤政次郎とイチの長男として生まれました。出生届は同年8月1日付で戸籍上の出生届がなされています。賢治の弟には、清六(1904年~ 2001年)妹にトシ(1898年~1922年)シゲ(1901年~1987年)クニ(1907年 ~1981年)がいます。

1903年(明治36年)に、花巻川口尋常高等小学校に進学しました。賢治は、マロの『家なき子』などの童話を好んで、石や昆虫を採集して、字を綴ることに非常に長けていた子供でした。鉱物採集に熱中していたので、家人から「石っこ賢さん」や「石こ賢さん」などと呼ばれていたほどです。浄土真宗門徒の父祖伝来の濃密な仏教信仰の中で育った影響から、父と有志が始めた「我信念」と題する仏教講話に参加していました。

1909年(明治42年)には旧制盛岡中学校(現・盛岡第一高等学校)に進学しました。寄宿舎「自彊(じきょう)寮」に入寮しました。旧姓盛岡中学の時にも、鉱物採集に熱中しています。そしてその頃のあだ名は「HELP」と付けられていました。鉱物採集の他にも、岩手山・南昌山などの山登りにも熱中して、南昌山では寄宿舎で同室の藤原健次郎(賢治より1学年上)と水晶を採集していました。この頃は哲学書を愛読していて、在学中に短歌の創作を始めました。(おそらく学校の先輩、石川啄木の影響があったのは?と推測)家庭の方針で、旧制中学から先への進学の見込みがほぼなかったのが理由にもあると思われますが、教師への反抗的態度をみせるようになり1913年(大正2年)寄宿舎の新舎監排訴の動きによって退寮となったため、盛岡の寺院に下宿することになりました。

1914年(大正3年)に、旧制盛岡中学校を卒業します。肥厚性鼻炎を患ったため、盛岡の岩手病院(現・岩手医科大学付属病院)に入院しました。この時入院中に、看護婦に恋心を抱いていますが、それは片想いに終わっています。賢治を看病していた父も病に倒れてしまい、父子共々入院することになりました。岩手病院を退院後してからは、自宅で質店の店番などをしていましたが、賢治の生気の無い様子を憂慮した両親が上級学校への進学を許可してくれました。その同時期に、島地大等訳の『漢和対照妙法蓮華経』を読み、賢治は体が震えるほどの感銘を受けます。

大学~岩手で教師になるまで

1915年(大正4年)に、盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)に首席で進学します。関豊太郎教授の指導の下で地質調査研究を行いました。

1917年(大正6年)小菅健吉、保阪嘉内、河本義行と同人誌『アザリア』を創刊して、短歌・小文などを発表していきます。

1918年(大正7年)3月に、得業論文『腐植質中ノ無機成分ノ植物ニ対スル価値』を提出して、盛岡高等農林学校を卒業して、4月に、同学の研究生となりました。

卒業で徴兵猶予の特典が無くなったため、徴兵検査を受けて第二乙種合格となりました。(当時は、第二乙種には兵役は課せられませんでした)この間に、『アザリア』同人の保阪嘉内が『アゼリア』誌に掲載した文章が原因で研究生を退学処分となってしまいましたが、それ以後の数年間にわたって保阪との親交を深めていくことになります。そして賢治の家族からの証言などから、この年から童話の創作が始まったと推定されています。そして同年肋膜炎を患ったため、医師の診断を受けることになりました。このとき河本義行に「自分の命もあと15年はあるまい」と述べたと言われています。

1919年(大正8年)、前年末に日本女子大学校生の妹トシが病気となったため、母とともに東京でトシを看病しています。この東京へ滞在中に盛岡中学同窓の友人阿部孝(当時東京帝大文学部在学、後に高知大学学長)の下宿で萩原朔太郎の詩集『月に吠える』に出会い、賢治は感銘を受けることになりました。近角常観の求道学舎にもこの時に訪れています。また、東京での人造宝石の製造販売事業を計画しますが、父の反対にあって断念しています。妹トシが回復したこともあり、トシと一緒に岩手に戻りました。

1920年(大正9年)、研究生を卒業しました。研究生を卒業したときに、関教授からの助教授推薦の話を受けますが辞退しています。10月に国柱会(※1)に入信しました。自宅で店番をしながら、信仰や職業をめぐって父と口論する日々が続いていきました。保阪嘉内に、賢治が入信した国柱会へ入信を手紙で強く勧めましたが、決裂しています。(7月18日)

1921年(大正10年)1月23日に賢治は家族に無断で上京して鶯谷の国柱会館を訪問して、本郷菊坂町に下宿しています。学生向けの謄写版制作の職に就きながら、盛んに童話の創作をおこなっています。また、国柱会の街頭布教にも参加しています。トシが発病したため、夏に戻りました。11月に、稗貫農学校(のち花巻農学校、現花巻農業高等学校)教師となりました。

※1国注会・・・法華宗系の在家仏教団体。純正日蓮主義を奉じる宗教右派として知られています。

教師時代~死去まで

1922年(大正11年)11月27日に、賢治のよき理解者だった妹トシが24歳で病死しました。

1923年(大正12年)8月に、教え子の就職斡旋の名目で樺太を訪問しました。この樺太旅行をモチーフとした多くの詩を作りました。

1924年(大正13年)4月、心象スケッチ『春と修羅』を自費出版しました。辻潤が同詩集を賞賛しています。農学校生徒と演劇を上演して、一般公開されました。12月に、イーハトヴ童話『注文の多い料理店』を刊行しています。

1925年(大正14年)7月から草野心平と書簡を通じた親交を開始しました。草野編集の文芸誌『銅鑼』に詩を発表しています。12月に花巻の北上川で発見したバタグルミ(クルミの古種)化石の学術調査(東北帝国大学・早坂一郎教授)に協力しています。翌年発表された早坂の学術論文では、宮沢賢治の名前を挙げて感謝の意が記載されました。

1926年(大正15年)3月末で、農学校を依願退職しています。花巻町下根子桜の別宅で独居自炊生活を送ります。羅須地人協会を設立して、農民芸術を説いていきました。12月に上京して、タイピングやエスペラント、オルガンやセロを習います。このときに、フィンランド公使ラムステットの「北アジア」についての講演(日本語)に参加して、ラムステットと会話を交わしています。また人文主義者として労働農民党の岩手県での有力献金者でもありました。それ以降は、農業指導に奔走しています。

1927年(昭和2年)『銅鑼』『盛岡中学校校友会雑誌』に詩を掲載しています。3月に、羅須地人協会の活動に関して、賢治が警察の聴取を受けたことから協会の活動を停止しました。花巻温泉に勤めていた教え子を通して、温泉の遊園地に賢治自らがデザインした花壇を造成しています。

1928年(昭和3年)『聖燈』に詩を掲載しました。湯本村伊藤庄右衛門主催の農事講演会に出講しています。6月、農業指導のため伊豆大島の伊藤七雄を訪問しました。この伊豆大島の旅行を題材にした詩群『三原三部』『東京』を制作しています。夏には、農業指導の過労から病臥することになり、秋に急性肺炎を発症しました。急性肺炎を発症して以後の約2年間は、ほぼ実家での療養生活となります。この間、療養生活を綴った詩群『疾中』などを創作しています。

1931年(昭和6年)にようやく病気から回復の兆しを見せるようになり、東山町(現:一関市)の東北砕石工場技師となって石灰肥料の宣伝販売を担当しました。9月に、農閑期の商品として壁材のセールスに出向いた東京で病に倒れることになり、帰郷して再び療養生活に入りました。その傍ら文語詩を初めとする創作活動も行っています。11月3日、手帳に『雨ニモマケズ』を書き留めています。

1932年(昭和7年)『児童文学』に「グスコーブドリの伝記」、『岩手詩集』『女性岩手』『詩人時代』に詩、『鴉射亭随筆』附録に「石川善助を弔む」を掲載しています。

1933年(昭和8年)吉田一穂編『新詩論』吉野信夫編『詩人時代』『日本詩壇』(日本書房)『現代日本詩集』(詩人時代社)『女性岩手』『北方詩人』に詩を『天才人』に童話を掲載しています。

9月21日に急性肺炎で死去しました。享年37歳、生涯独身でした。父親への遺言で、法華経1000部を印刷して知人に配布するよう託していました。賢治の死の前日には、農民に夜遅くまで肥料の相談を受けていたといいます。戒名は真金院三不日賢善男子。そしてこの戒名は、国柱会から授与されました。東京都江戸川区一之江にある、国柱会の霊廟には、賢治の遺骨の一部と妹トシの遺骨が納められています。この年、3月3日には「三陸沖地震」が発生して、大きな災害をもたらしました。誕生の年と最期の年に大きな災害があったことは、天候と気温や災害を憂慮した賢治の生涯と何らかの暗合を感ずる・・と賢治の弟、宮澤清六は指摘しています。地震直後に詩人の大木実(1913年-1996年)へ宛てた見舞いの礼状には、「海岸は実に悲惨です」と津波の被害について賢治は書いています。

サイトイメージ